2021年3月15日 更新

細胞培養の豆知識「小さな大敵!マイコプラズマ」

マイコプラズマは、バクテリア・カビ・酵母と並ぶ培養細胞や培地などの汚染菌で、大きさ約0.2 μm~0.8 μmと非常に小さく、よほど増えない限り光学顕微鏡では確認できません。また、通常のろ過滅菌で使用される0.22 μmのフィルターは通過してしまいます。
その上、細胞壁をもたない事から、細胞壁の合成を阻害するペニシリン系抗生物質は効かず、その他の抗生物質にも抵抗性があるものが多いとされています。
さらに、培養細胞と共存して増殖する事も多く、汚染に気が付かないケースも多々あります。実際、15%以上の培養細胞株がマイコプラズマに汚染されているとの報告もあります。

マイコプラズマ汚染は、細胞の増殖抑制や細胞膜の性質変化、タンパク質やDNAが置換する可能性など、様々な影響を及ぼすと言われており、実験結果に多大な影響を及ぼします。

このように、とても恐いマイコプラズマ汚染。最も危険な汚染源の一つは、私たちの口の中です。マイコプラズマ肺炎という病気をご存じでしょうか?この病気は、マイコプラズマが引き起こす肺炎で、飛沫感染します。つまり、私たちの口内にいるマイコプラズマが、くしゃみや咳やおしゃべりなどで実験室中に拡散する事も大いに考えられる訳です。

そこで一番の予防対策は、培養中は「おしゃべり禁止」「マスク着用」「グローブ着用」といったルールの徹底かと思いますが、さらなる予防対策と万一の汚染時対策として、弊社HPのマイコプラズマ対策ガイドでは以下の製品をご紹介しています。

・マイコプラズマ防止対策で普段から万全!
 Spore-EX Spray
 Mycoplasma-ExS Spray

・マイコプラズマ検出試薬で汚染の有無を確認!
 CycleavePCR Mycoplasma Detection Kit
 TaKaRa PCR Mycoplasma Detection Set

・マイコプラズマ除去試薬で貴重な細胞を救済!
 Mycoplasma-EX
 BIOMYC(-1,-2,-3)

備えあれば患いなし。万全な予防と対策のために是非ご覧ください。
マイコプラズマ対策ガイドはこちら
 (84)

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

細胞培養の豆知識「培地の色はなぜ赤い?」

細胞培養の豆知識「培地の色はなぜ赤い?」

フェノールレッドについて
tatsumity | 922 view

この記事のキーワード

tatsumity tatsumity
TOP